思春期ナビホーム   非行問題    非行問題

スポンサードリンク

非行問題

思春期の子を持つ親は非行問題については関心が高いことと思いますが,非行問題を平成21年の犯罪白書からみますと平成20年の刑法犯少年の検挙人員は99066人(前年比11、9%減)と大きく減少しています。

この減少原因として

  • 1 少子化の中で子どもが家庭内においてより、大切に育てられていること。
  • 2 学校においては少人数学級普及によって学校内の指導もより行き届くようになってきていること。
  • 3 ゆとり教育によって子供たちにかかるストレスが少なくなってきていること。
  • 4 長期的な経済停滞によってむしろ親子間の接触時間が増えてきていること。などがあげられます。

非行内容についても殺人犯等も平成15年以降減少しています。また、凶悪犯(殺人、強盗、放火及び強姦)の検挙人員965人(前年度比8,3減少)です。これは、少年非行が減少のトレンドに入ってきたと言えます。
また、街頭犯罪(路上強盗、ひったくり、車上ねらい、部品ねらい、自動販売機ねらい、自動車盗、オートバイ及び自転車盗の8罪種<手口>)についても減少しています。
なお、この8罪種は非行へ深化するキッカケとなる犯罪ですので減少傾向にあることは好ましい現象です。
このようなことから少年人口が減少していることに伴い刑法犯少年の検挙人員が減少していることや少年の凶悪犯罪も減少しているのが現在の少年非行の現状です。
しかし、その反面いじめや不登校、深夜徘徊、喫煙、規則の軽視等非社会的行為についてはそのすそ野が広がっており、今後注目していきたいところです。

このような非行問題が良い方向に向かっている理由と現状を見ますと親の養育態度の変化や地域の非行問題にかかる地道な活動が効果を上げてきたことがうかがわれます。


スポンサードリンク

非行問題内の記事一覧

思春期・窃盗症とは
窃盗症とは、窃盗自体の衝動により反復的に実行してしまう症状で、窃盗症は精神疾患の...
少年非行と非行少年
少年非行とは 少年法上の少年と規定する範囲に該当する子ども達が、してはいけない非...
非行相談
思春期の子の非行相談の内容はいろいろありますが、特に親を悩ませるのは反社会的な行...
非行問題
思春期の子を持つ親は非行問題については関心が高いことと思いますが,非行問題を平成...
非行の原因と働きかけ
非行の原因は、少年の性格や家庭環境、両親の養育態度、また、資質的な面もあり、この...
非行とは
非行とは、少年の、社会の決まりなどにそむく行為。法律違反及びその潜在的可能性をも...
非行問題の現状
非行問題はその年頃の子を持つ親は多かれ少なかれ悩みの種でありますが、最近は、非行...
非行少年を理解する
非行少年とは 1 犯罪少年は、14歳以上20歳未満で刑罰法令に触れる罪を犯した少...
非行少年の接し方
非行少年の対応の仕方 非行少年に対する対応は、普通の子と特に変ったものではないが...
非行に走りやすい人
非行に走る人の性格や動機は千差万別であり、一つの言葉でそれを現すことは難しいが、...
非行の特徴
最近の非行の特徴は「遊び型非行」と言われています。遊び型非行は次のような要件で枠...
非行少年の立ち直りのきっかけ
非行からの立ち直りのキッカケは、それぞれの少年によって異なりますが、次のようなキ...
非行の背景
夢のもてない将来に対する閉塞感 バブル崩壊後日本の社会は、雇用破壊による格差社会...
非行少年を対象にした支援
1 保護司(保護観察所) 保護司さんは、保護観察官と協働して保護観察を受けてい...
被害者の方を対象にした支援
次の「加害者被害者対話の会」があります。 1)NPO法人 被害者加害者対話の会運...
非行少年の親を対象にした支援
1)「非行」と向き合う親たちの会 1996年に発足し、親同士が集まり「非行」につ...
思春期ナビ HOME
非行問題
思春期・窃盗症とは
少年非行と非行少年
非行相談
非行問題
非行の原因と働きかけ
非行とは
非行問題の現状
非行少年を理解する
非行少年の接し方
非行に走りやすい人
非行の特徴
非行少年の立ち直りのきっかけ
非行の背景
非行少年を対象にした支援
被害者の方を対象にした支援
非行少年の親を対象にした支援
その他のページ
運営者・免責・個人情報

お知らせ.jpg

姉妹ホームページです。ご利用ください。


スポンサードリンク

MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら