思春期ナビホーム   思春期の心理    青年期の悩み

スポンサードリンク

青年期の悩み

青年期は15歳から25歳位の時期を言いますが、この時期は探索期とも言いい、心身ともに急激な変化の時期でもあり、子どもから大人への過渡期です。青年期は子どもと大人の両面をもており境界人でもあります。ですから、矛盾や葛藤をもち、不安定で、いろいろな問題を抱え込んでいます。その意味で「人生の危機」、「疾風怒濤の時代」、「人生第二の誕生期」と言われています。

1 そのように、青年期は悩みの多い時代です。なぜでしょうか。

1)大人への過渡期だからです。

この時期は親離れのときであり、大人の社会を覗きながら生活様式を身につけていこうとします心情的には大人ぶったり、時には子どもであったりする不安定さで悩むのです。

2)適応性がないためです。

大人になるには、社会生活への適応、仕事や職業への適応、異性との交際への適応が求められています。これらにおいても試行錯誤であり未熟さが悩みを多くしています。

3)自意識が強いからです。

この時期は自分のとった行動に対して、人からの評価に非常に敏感になりますので些細なことで傷ついたり、怒ったりします。

4)心情の起伏が激しい時期です。

感情の動揺が激 しく、冷静に、適切に、ものごとを受けとめにくい時期だからです。

5)価値観の混乱した時代です。

この時期は自分探しをしている時でもあり、親や教師が人間の生き方や、人間として追求すべき価値について、指導しても通用しない時期です。

6)核家族化も問題です

少子化は親からの過大な期待と干渉が、子どもの思考や行動を制限することで、悩みがより深くなります。

7)突然の自由は、子どもにとってむしろ悩みの種です。

今は、思想や学問にも、職業選択や結婚にも、自由があります。個人の選択にまかされることが大変多くなっています。それに伴って十分な判断力が伴っていませんとしり込みをしたり、間違った判断をすることになります。これも迷いと悩みになっているということ見られます。
青年期は人生において重要な意味をもっており、その過ごし方によっては以後の人生を左右することになります。

 

スポンサードリンク

思春期の心理内の記事一覧

青年期の悩み
青年期は15歳から25歳位の時期を言いますが、この時期は探索期とも言いい、心身と...
思春期の心理
思春期の心理状態を理解するには、思春期の心理状態を理解する大切なキーワードがあり...
自己防衛のメカニズムとは
フラストレーションや葛藤、不安などから自分の心がバラバラにならないために自分の心...
子どものうつ病の症状
子どものうつ病は次のような症状が認められます。なお、DSMー?では、うつ病の中心...
家庭内暴力の対応
家庭内暴力の一般的特徴 家庭内暴力をする子の大きな特徴は、一人子や長子、末子が多...
リストカットとは
リストカットとは、手首を切る自傷行為をいいます。若い人の間ではリスカとも言われて...
気分障害(うつ病)とは
気分障害とは、以前は「感情障害」と呼ばれていました。しかし、感情というとどちらか...
不登校とは
不登校とは 文部科学省によりますと不登校とは「何らかの心理的、情緒的、身体的、あ...
不登校の対応
不登校の子の対応についてはいろいろな考え方があります。文部省の見解や専門家の考え...
行為障害とは
行為障害 行為障害(CD)と反抗挑戦性障害(ODD)とはあわせて破壊的行動障害と...
統合失調症とは、
統合失調症とは、2002年から呼び方が変り一般的に使われるようになりました。従来...
対人恐怖症とは
対人恐怖症 対人恐怖症とは、他人と一緒にいることに耐えられなくなる病気で、思春期...
思春期ナビ HOME
思春期の心理
青年期の悩み
思春期の心理
自己防衛のメカニズムとは
子どものうつ病の症状
家庭内暴力の対応
リストカットとは
気分障害(うつ病)とは
不登校とは
不登校の対応
行為障害とは
統合失調症とは、
対人恐怖症とは
その他のページ
運営者・免責・個人情報

お知らせ.jpg

姉妹ホームページです。ご利用ください。


スポンサードリンク

MCC結婚生活相談センター
一般社団法人 日本結婚カウンセリング協会
一般社団法人日本婚前カウンセリング協会
プリマリタルカウンセラー資格認定協会受講生30名募集

婚活・婚育推進優良事業所
婚前カウンセリング(並)
婚前カウンセリング(並)
結婚したら学ぶ


バナー広告募集(120×60)

詳しくはこちら